「生保営業・保険営業を辞めたい」、「でも、本当は何とかこの仕事で成功したい」

そう思っているのはあなただけではありません。

このサイトは、そんな保険営業への悩みを抱えたあなたに何とか頑張ってほしいと願う少し先輩からのアドバイスをお伝えできればと思い運営しています。

 保険営業

私は生命保険・損害保険の営業を始めて、10年以上経ちました。

営業成績が足りずにクビになりそうになったことは何度もあります。

しかし、それを乗り越え何とかやってきて、家族を養えるくらいの安定した生活を送っています。

私が雇用基準の成績をクリアできずクビになりそうになったとき、いつも心の片隅にあったのは『会社から辞めろと言われるのではなく、辞めるなら自分で選んで辞めたい』ということでした。

これは基準がクリアできなくなる前に退職するということではありません。

営業成績は何としてでも超え、そのあとで退職するかどうかを考えようということです。

 

私の後輩でも営業成績がクリアできそうになくクビになりそうな人がいたとき、このことを伝えて「なんとかこの雇用基準の成績はクリアして、辞めるなら自分から辞めよう」と言っていました。

 なぜ、雇用基準をクリアしてから辞めるのか?

それは、保険の営業だけがすべてではないからです。

ここが重要です。

クビを切られる前にこちらから退職する、それも一つの選択です。

しかし、ここで力を振り絞って乗り越える、または乗り越えることができなくても精一杯やったと言えるかどうかということが、その先の人生で違う仕事に就く際に必ず大きな差が出るからです。

土壇場で精一杯やったと言えるかどうかで本当に人生変わってきます。

ですから、少し先輩の私は後輩に対して、今精一杯やろうと言います。

 

もちろん、言うだけではありません。

生保営業

 

一緒になって考えてきました。

  • どこにアプローチを仕掛けるか
  • どのように提案するか
  • どれくらいの行動をするか
  • モチベーションを燃え上がらせるにはどうしたらいいか
  • 効率的なマル秘トーク

 

もちろん、私がうまくいったからと言ってあなたもうまく行くとは限りません。

しかし、私にできることは再現性がある誰にでも共通すると思うことを伝えて、少しでも成功に近づけることです。

それしかありません。

私だって完璧ではありません。

でも、完璧になるまで待っていたら誰の助けにもなりませんし、何も言うこともできません。

ですから、自分の経験からあなたの保険営業にも役立つと思うことをお話しして実践してもらうしかないのです。

 

少し先輩からのアドバイスとして、あなたが生保営業・保険営業を辞めたいという悩みから少しでも前向きになり、明日からの活動に役立てれば幸いです。

 

生保営業・保険営業にはテクニックも大事だけれど・・・

確かにセールスにはテクニックも大切です。

どんな人にどんな話をどんな風に進めていけば契約が取れるのかが大切ですよね。

これはテクニック的なことです。

 

しかしながら、こういったことよりも『いかにしてモチベーションを保つか』ということの方が大切だと思います。

気持ちさえ折れなければ行動し続けることができます。

行動し続けることができれば結果は必ず付いてきます。

一日3件のアプローチをする人と30件のアプローチができる人とでは結果は絶対に違うはずですよね。

行動量が多い方がいいとわかっていても、やり続けられる人はほんの一握りです。

 

できる人とできない人の違いはモチベーションがかなりの部分を占めます。

契約がたくさん取れていると自然と気持ちも高まりアクションがアクションを呼ぶ好循環になるのですが、問題はそこに行くまでです。

結果が出ない間にどれほど気持ちを高ぶらせて行動を続けられるか、そこに重点を置いてお話ししていきたいと思います。

生保営業・保険営業を辞めたい悩みはモチベーションや効果的なセールス手法を活用しながら解消していきましょう。