今年から下の子供が幼稚園へ通うようになりました。

 

歩いて20分ほどの道のりを、年長の上の子供と一緒に妻が歩いて連れて行ってくれてます。

 

いつもは子供たちを見送る立場だったのですが、下の子が

 

「お父さんも一緒にいこう」

 

と言うので、4月からは途中までだけど一緒に歩いてます。

 

親子4人が手を繋いで歩いて行くので、絵に描いたような仲良し親子です。
独立したお陰で、子どもたちと一緒にいる時間が格段に増えました。
私は自宅で仕事をしているので当然です。

 

「子供が小さい頃は必死だったので楽しむ余裕がなかった」

年配の方がおしゃるのをよく聞きます。
そのとおりだと思います。
私もサラリーマン時代は、子供が寝ているときに出勤して、子供が寝る直前に帰ってくる生活でした。

 

仕事でもストレスを抱えていたので、子供に意識を向けてやれてなかったです。
それがネットビジネスで独立できたことで一転しました。
最近感じるのは

 

「今、この時間というのは愛おしい日々だ」

 

ということです。

たぶん、子育てが終わったくらいに、子供が小さかった頃のことを懐かしんで

 

「もっと、一緒に過ごせばよかった。
楽しんでおけばよかった」

 

など、考えているはずです。

自分が年を取った時に飛んで考えてみると、今がとても愛おしい日々に感じられるようになりました。
「大切な日々なのだから大切に生きよう。
家族と向き合って大切に過ごそう」

 

と思いながら日々過ごしています。

 

  • 子どもたちとの時間
  • 妻との時間
  • 両親との時間
  • 友人たちとの時間

「愛おしい日々は、今この瞬間なんだ」

と思うと、見える景色が違いますよ。

ネットビジネスに感謝!

 

メルマガやってます。
eBay輸出やアフィリエイトで稼ぐ方法など、
ネットビジネス全般の情報を発信しています。

 

登録は今すぐこちらから
↓  ↓  ↓