有名な著者の方々をプロデュースされている成島拓さんから、新しいレポートがリリースされました。

その名も「情報発信MBA」です。

⇒ダウンロードはこちらから

とっても素晴らしい内容だったので、このブログでもご紹介したいと思います。

情報発信MBAにはどんなコンテンツがあるのか?

まずは、コンテンツを御覧ください。

【超速マネタイズ編】
・最強戦略は何?超速マネタイズの結論
・2つのマーケティングノウハウ
・2つのメディア戦略
・ステップメール5ポイント
・マネタイズ6ステップ
・本当に何もできることがないなら

【売れる商品開発編】
・アイデアグロース
・パラレルペルソナ
・コンテンツレバレッジ
・0型コンテンツとR型コンテンツ

【インスタント・コンテンツメイク編】
・応用力バツグンの鉄板フレームワーク
・4つの学習タイプ
・5ステップコンテンツ作成法

【ネーミング編】
・ネーミングの3ステップ
・キーワード変換ベクトル
・2つのタイトルスタイル

【コピーライティング編】
・ライティングプロセス3ステップ
・P型とQ型テンプレ(その使い分け法)
・コピーライティング3本柱&6ポイント

【集客編】
・リストビルディングの方程式
・4つの集客法と具体例
・インパクト最高の裏技集客法
・稼ぎながらリストが集まるお宝サイト集

【サービス提供編】
・ペースメーカーコンサル
・タイプ別コンサル
・個別コンサルの裏技
・教材サポート
・コミュニティ運営のコツ
・セミナー運営のキモ

【ビジネススキル編】
・結果を出すための4大スキル
・戦略ピラミッド
・プロジェクトマネジメント
・タイムマネジメント
・ツールセットリスト

これだけの大ボリュームコンテンツです。

情報発信していく中で、どのように考えて、どうやって組み立てて結果を出していくかというのが、初心者にもわかりやすく解説されています。

 

これらのコンテンツは1時間や2時間といった8つの動画で構成されています。

さながら、一つ一つが数万円で開催されるセミナーの内容で、これらが無料で見れるのはホントに素晴らしいレポートだと思いました。

例えばネーミング編では・・・

どの動画も素晴らしいのですが、ネーミング編を拝見して目からウロコが落ちました!

どんな商品やサービスであっても、メルマガのタイトルであっても、ネーミングの大切さはわかっているつもりでした。

 

「名付けることで物事は誕生する」

この言葉は衝撃的でした。

 

つまり、ネーミングがあって初めて物事は存在し、動き始めるということです。

特に、コンテンツ商品の場合、車や服のように形ってありませんよね。

なので、タイトルや名前を見て、(もちろんコンテンツ内容もですが)購入するかどうかを決めます。

 

ネーミング9割というくらい大切なものなんですね。

ホント、どのコンテンツも驚きの連続で、これを無料で公開されている成島さんって凄いなって思います。

第22回 eBook大賞の受賞候補にもノミネートされています

成島さんの「情報発信MBA」は、第22回eBook大賞の受賞候補にもノミネートされています。

⇒eBook大賞ノミネート作品はこちら

 

もし、あなたがまだご覧になっていないのなら、

そして、情報発信やその他のビジネスで最短で稼ぎたいのであれば、今すぐ手に入れてご覧くださいね。

⇒ダウンロードはこちらから