昨日、eBayの中古品販売でミスをしました。

ミスをしていたことが発覚したとい方が適切かもしれません。

 

eBayでは中古品をメインで販売していて、150品前後の在庫を持って運営しています。

eBay キャンセル セラー都合

たまにやってしまうのが、既に売れた商品がもう一点出品されていて、それが売れてしまうという事態。

 

当然、中古品なので同じ状態の商品は二度とない一点もの。

 

昨日は2ヶ月前に売れているはずの商品を、気付かずにもう一つ出品していてそれが売れてしまいました。

 

しかも、自分の中では長期間売れていなくて滞留在庫と思っていたので、オークション形式で出品していたので既に約1000円ほどの赤字。

 

でも、商品はもうないので、バイヤーへは事情を説明して何らかの説明をしなければなりません。

 

最近のeBayポリシーの改定で、セラー側の事情でキャンセルすることに対してかなり厳しくなっています。

 

これは無在庫販売を排除するための改定と言われていますが、1つのキャンセルが大きく響きます。

 

できるだけ、こちらからのキャンセルはしたくない。

 

でも、そのためにはバイヤーを納得させる理由が必要。

 

私は考えた挙句、その中古品と同じで状態が良いものを探してみました。

 

ネット上にありました。

 

それは箱もあり状態も綺麗なのですが価格も少し高めで、さらに2000円ほどの赤字が出そうな感じ。

 

でも、キャンセルになるよりはましかなと思って、

「そのアイテムは既に売り切れていました。申し訳ありません。代わりに私はこれを送ろうと思いますが、いかがでしょうか?」

というメッセージと写真を付けてバイヤーへ送りました。

 

バイヤーから返事があり

「OK、それはいくらだ?」

 

私「もう支払ってくれているからお金はいりませんよ」

 

バイヤー「OK。あなたは◯◯という商品を見つけられるか?」

 

私「探してみるよ」

 

私は聞いたことがない商品だったので、調べてみるとかなりレアな商品でヤフオクでプレミアが付いていました。

 

箱や付属品がなくて本体だけなら30000円弱くらい。

 

バイヤーの値ごろ感がわからなかったので、これに利益を乗せるのかどうかとか、赤字になっても用意してあげるべきなのかなどいろいろ悩みまながら、他のサイトを調べてみました。

 

するとメルカリにありました。

 

16000円!

 

キズは結構あるけれど、バイヤーへ画像を送ってみると買ってくれるとのこと。

 

高くても買ってくれそうな雰囲気だったのですが、220ドルでオファー。

 

交渉成立。

 

送料も同梱できるので、最初に支払ってもらっている商品の送料で賄えそうです。

 

一応、赤字から2000円の利益もそうだけど、バイヤーが喜んでくれたので嬉しかった。

 

余談ですが、実は、私は「ピンチはチャンス」という言葉があまり好きではありません。

 

どうしてかというと、ある1つの物事があったとして「ピンチ」とか「チャンス」とか言うのは自分の主観で色付けしているだけだと思うからです。

しかも、感情に振り回されていることがほとんど。

 

「お金」と聞いて、ネガティブな感情を持つ人がいれば、ポジィティブな感情を持つ人もいるのと同じです。

 

「ピンチ」とか「チャンス」は感情に大きく左右されていて、客観性がないと思うからです。

 

別にどうでもいい拘りですが。。。

 

ミスをしないことが大前提になりますが、いろいろと策を考えて良い方向に向かったのは良かったと思います。

 

気をつけよう・・・・(汗)

 

ちなみに、セラー都合のキャンセルについてですが、以前はPayPalから直接返金すればeBayではカウントされませんでした。

 

最近ではPayPalから直接返金してもeBayでデータが反映されています。

 

eBayとPayPalは別会社になったのに、この連携はどうなんでしょう。

 

メルマガやってます。
eBay輸出やアフィリエイトで稼ぐ方法など、
ネットビジネス全般の情報を発信しています。

 

登録は今すぐこちらから
↓  ↓  ↓