eBayで利益が取れる商品を探すには、売れて価格差が取れる商品のリサーチをする必要があります。

まずは何を売っていいかわからないので当然、調べていかないといけませんよね。

eBayでリサーチをする流れ

他の日本人セラーが何を売っているのかを調べていくのですが、流れとしては。

  1. 日本人セラーが直近で販売しているものを1個見つける
  2. その商品のeBay相場を調べる
  3. オークファンなどで日本での仕入れ相場を調べる
  4. 利益が出そうならそのセラーが販売した他の商品を見る
  5. eBay相場を調べる
  6. 日本の仕入れ相場を調べる

 

つまり、他のセラーが販売しているものを見つけて、価格差を調べて、利益が取れそうだったら、さらに同じセラーが販売しているものを見て、利益が取れそうなものを調べるというものです。

 

細かい操作方法はネット上に動画などがありますので、そちらを参考にしていただければわかるのですが、だいたいこれと同じ手法で大きな違いはないとおもいます。

それでも、やはりリサーチで利益が出る商品が見つけられる人とそうでない人がいます。

リサーチで稼げる商品を見つけるコツ

これを結論から言ってしまうと、『行動量の差』だと思います。

たぶん、間違いないですね。

eBay リサーチ コツ

私も最初にリサーチを始めた頃は稼げる商品を見つけるのに何時間もかかりました。

何度も挫折しそうになりました。

 

リサーチの見極めがうまくできなくて、当初は赤字でした。

 

しかし、諦めずに何度も何度も続けました。

そうすると、利益が出る商品を見つけるまでに掛かる時間がどんどん短縮されました。

 

以前は1個見つけるのに2~3時間かかっていたものが、1時間で2~3個見つかるようになり、現在では10分リサーチをすると2~3個は見つけられるようになりました。

これが多いのか少ないのかはわかりませんが、確実にリサーチが楽になりました。

 

これが身についたのは何度も繰り返しただけだと思います。

 

もし、あなたがリサーチに悩んでいるのであれば、諦めずに何度もトライして欲しいと思います。

 

私の場合は、空き時間があればスマホでリサーチしてました。

 

eBayとヤフオクはアプリがありますし、アマゾンや楽天もアプリがありますので、スマホの中で検索可能です。

 

何もパソコンの前にいるときだけしかできないわけではないのです。

「暇があればリサーチをする」これが一番の近道です。

トップセラーほどたくさん失敗している

よく言われることですが、ネットビジネスで成功している人は本当に気が遠くなるような作業量をこなしています。

傍から見ると「努力している」と映るのですが、本人はそれくらいやるのが当たり前と思っているので、玄人は思っていません。

 

アフィリエイトでも成功している人の多くは、吐気がするほど記事を書いています。

 

行動量をこなした結果として、コツを掴んだり、気付きがあったりとどんどん成長して行きます。

 

もちろん、最初からセンスがある人がいるのは確かなのですが、優秀な人とはそうやってつくられていくのではないかなと思います。

 

例えば、中古カメラ輸出。

 

これで稼いでいる人の話を聞くと、最初は5万、10万の赤字は当たり前。

 

でも、60個くらい販売したころからコツを掴んで、一気に収入が爆発するケースが多いようです。

 

60個販売するということは、最低60個のリサーチをしないといけませんよね。

 

さらに、60個リサーチしたら60個全部利益が出る商品だったということはありません。

 

たぶん、300個くらいの商品をリサーチしているはずです。

 

見つけた商品すべてが仕入れられるわけではないので、もっと多いかもしれません。

 

もし、あなたが「利益の出る商品が見つからない」と悩んでいるのであれば、もう一度この点を振り返ってください。

 

10個や20個やってみて見つからなかったので落ち込んでいるのであれば、まだ落ち込む段階でもないということです。

 

300個やってみて5個に1個ずつコンスタントに見つけられるわけでないのです。

 

ひょっとしたら、240個はダメだったけれど、最後の60個で60個のお宝が見つかるかもしれません。

 

宝探しは見つかるまで続けた人だけがたどり着けるものです。

 

客観的に自分の行動をもう一度振り返ってみると、「びっくりするくらい少ない行動量」と驚くかもしれませんね。

 

メルマガやってます。
eBay輸出やアフィリエイトで稼ぐ方法など、
ネットビジネス全般の情報を発信しています。

 

登録は今すぐこちらから
↓  ↓  ↓