以前このブログでもご紹介していたのですが、ネットビジネスを専業で始めてから私は朝型で仕事をしています。

⇒ネット起業家の1日日のスケジュール

 

具体的には、朝4時か5時に起きて、着替えたらすぐに仕事を始めます。

これだと子供が起きてくる7時ぐらいまでに2~3時間は仕事が終わっている感じ。

 

この2~3時間でebayで売れた商品の出荷指示や、顧客対応、ブログの更新などを行います。

 

そのあと、子供たちと一緒にご飯を食べて、身支度をさせたりして、8時過ぎに子供は幼稚園に行きます。

 

そして、私は8時半頃から仕事を再開します。

 

何事もなければ、12時過ぎまで仕事を続けます。

だいたい4時間ぐらいですね。

 

この時点で朝から6~7時間仕事をしているので、1日でやるべきタスクはほぼ終わってしまいます。

サラリーマンで9時5時で仕事をしている人だったら、労働時間的にはこれぐらいですね。

 

それで、

 

午後からは午前中にできなかった仕事をやったり、新しい取り組みに着手したり、買い物に出かけたり、ネットカフェで漫画を読んだりと、割と自由に過ごすことができます。

 

夜は子供の寝かしつけがあるので、普段なら8時半ぐらいに子供と一緒に寝てしまいます。

というよりも、そもそも一緒に横になっていたらもう起きることはできません。

必然的に朝早く目が覚めるという結果になります。

 

このような生活だったのですが、最近ふと思い立って夜型の生活に変えてみました。

 

子供の寝かしつけが終わるまで何とか頑張って起きていて、子供が寝たら「このまま寝てしまいたいなあ」と思いながら、起きだして仕事をします。

夜9時ぐらいから12時過ぎまでやってました。

 

これを約1か月間。

 

仕事をする時間はこれまでと変わりません。

 

でも、あまり いいことがない。。。

 

  • 疲れていて集中力がない
  • 翌朝もぼーっとしている
  • その日の仕事が終わるのが夕方になるので落ち着かない
  • 午後の自由時間がなくなる

 

このような感じで、メリットはあまりなくデメリットばかりのように感じてしまいました。

 

一番大きかったのは3つ目のところです。

 

その日の仕事が午前中に終わってるって言うのは、精神的にかなり安定します。

余裕があります。

 

しかし、夜型になってしまうと、常に仕事に追われているような感じになってしまいます。

これは錯覚なのかもしれません。

 

今までは休日でも朝の3時間はこのように仕事をしていたのですが、夜型にしてしまうと最悪です。

 

休日は家族と一緒に過ごすので、基本的に昼間は仕事をすることはできません。

 

例えば、ブログを早朝に更新すると気持ちよく1日が迎えられます。

 

でも、これを子供の寝かしつけが終わってからやるとなると、今日という日は、あと2~3時間しかありません。

 

不思議なもので、「あと何時間で書かなければならない」と思うと記事ネタが思いつきません。

しかも、子供と一緒に8時半位に寝てしまったら、もうその作業はできなくなってしまいます。

 

人間のリズムは、夜の10時から夜中の2時ぐらいまでが一番成長ホルモンが 分泌される時間帯なので、この時間帯に眠ると免疫力が上がります。

この時間帯に寝ていることが体調管理の鍵になるのですが、仕事をしていると必然的に体調が崩れてしまいます。

 

本当に、夜型生活はいいことがありませんでした。

 

それで、

 

今日からはまた朝方に戻しました。

 

頭もすっきりしているので、作業がはかどっていい感じです。

 

もう、夜型には戻れないですね。

 

場所と時間にしばられないネットビジネスをやっているんで、その恩恵を最大限に活用して、快適に過ごしていきたいです。

 

メルマガやってます。
eBay輸出やアフィリエイトで稼ぐ方法など、
ネットビジネス全般の情報を発信しています。

 

登録は今すぐこちらから
↓  ↓  ↓